おすすめ家庭用脱毛器の3つのメリット

家庭用脱毛器にはさまざまなメリットがありますが、特に大きなメリットは3つです。

 

 

1つめは好きな時に脱毛できることです。
脱毛サロンの場合、毛周期に合わせて脱毛するので2か月に1回通うのが一般的です。

 

しかし、コスト削減のためにマシンやスタッフの数を減らしていることが珍しくなく、予約数に対してマシンなどが足りないので、常に予約でいっぱいになっています。

 

何か月も先まで予約でいっぱいで2か月に1回のペースで通うのは難しいです。
仕事などの都合で自分の好きな時に予約がとりにくいです。

 

また、店舗に行くための交通費がかかったり時間もかかります。
家庭用脱毛器はいつでも気が向いたときに脱毛できます。

 

ちょっとしたすき間時間に脱毛が可能です。

 

安全に使える設計のものならテレビを見ながらでも脱毛できます。
2つめのメリットは費用が安いことです。脱毛サロンの場合、全身脱毛は20万円程度します。

 

部分脱毛でも数万円はします。

 

ワキ脱毛はキャンペーンで安く受けられることがありますが、ワキだけなどと思って脱毛を始めたけれど、いろいろなところが気になり出して全身脱毛を始めることが珍しくありません。

 

結局高額な費用がかかるのです。

 

家庭用脱毛器は初期費用が多少かかりますが、その後はほとんど追加コストなしで使用できます。
カートリッジが必要なこともありますが、長持ちするタイプもあってかかるコストは少ないです。

 

気になる部分が出てきたときも、コストをほとんどかけずに好きな時に脱毛できます。
3つめのメリットはきれいな状態を維持できることです。

 

カミソリや除毛クリームなどは費用が安くて手軽ですが、肌への負担が大きいため、繰り返し脱毛をしていると色素沈着やブツブツなどができてしまいます。

 

ひどいときはブツブツが目立ってミニスカートがはけなくなることもあります。

 

脱毛サロンの脱毛方法なら肌への影響が少ないのできれいな肌を維持できますが、脱毛期間中は自己処理をしてはいけないので毛が伸びた状態で我慢しなければなりません。

 

予約がとりにくいサロンの場合は、むだ毛が生えた状態で長い期間我慢する必要があります。

 

脱毛サロンと同じ仕組みで脱毛する光脱毛の家庭用脱毛器は、肌に直接影響を与えないのでカミソリなどに比べると肌への負担が少ないです。

 

ムダ毛が生えてくるまでの期間が長いので、脱毛による肌への負担が減ります。

 

肌への負担を減らすことで色素沈着などを予防できます。
いつでも好きなときに脱毛できるので、毛がないツルツルな状態を維持できます

レイボーテスピィーデー体験動画本当に痛くないの?