家庭用脱毛器でも光タイプの脱毛が人気

美容の一環として脱毛が一般的になってからかなりの年数が経ち、今では多くの女性が脱毛を行っています。

 

昔はエステで脱毛を行うのが一般的でしたが、徐々に家庭でも行える脱毛に注目が集まり、現在では家庭用脱毛器も種類が増え、もはや一昔前のエステよりも効果が高い家庭用脱毛器が登場しています。

 

様々な家庭用脱毛器が登場する中で、行える脱毛方法というのも多様化してきています。

 

現在の家庭用脱毛器で行える方法の主流となっているのは、光脱毛とレーザー脱毛ではないでしょうか。

 

この2つはエステなどでも同様の手法が主流となっていることもあり、手法の面ではもはや家庭用も業務用も大差無いという状況になったと言えます。

 

その2つでも特に人気が高いのは光脱毛です。

 

 

 

フラッシュ脱毛とも呼ばれる脱毛方法で、毛に含まれるメラニン色素に反応する光を照射することで、毛根に熱刺激を発生させて脱毛を行うというものです。

 

特徴としては、光を当てるだけという手軽さであることや、光の照射範囲が広いので一度に脱毛出来る範囲が広く、腕や足といった部分でも短時間で終わること、さらに皮膚への刺激が少ないために肌トラブルになりづらいということが挙げられます。

 

このタイプで有名なのは、エムロックから発売されている『ケノン』やケーシステムから発売されている『NEED』の2つで、これらが二大勢力と言える状況ではないでしょうか。

 

どちらにも特徴があり、『ケノン』であれば本体の低価格さと照射範囲の広さによる処理の早さ、そしてコストパフォーマンスに優れていますし、『NEED』は業務用顔負けのハイパワーによる脱毛力が特徴です。

 

しかしながら、どちらの商品であっても他の手法の家庭用脱毛器よりも圧倒的に人気で、その理由となっているのが「脱毛の際の痛みが少ない」ということです。

 

従来の毛を引っこ抜く方法でもレーザー脱毛でも、実は結構な痛みが発生します。
ところがフラッシュ脱毛であればその痛みがほとんど無いということで、痛みに弱い方でも気軽に利用出来るのです。

 

脱毛を行う時間も短く、コストにも優れ、そして痛みが無い。
これらの特徴があるからこそ、家庭用脱毛器でも光脱毛が主流となっている理由と言えるでしょう。

 

それに伴い普及率もかなり高くなっていますし、これまでの家庭用脱毛器の性能に疑問を持っていた方でも、今の家庭用脱毛器であれば十分満足出来るレベルとなっています。

 

安い買い物ではないかもしれませんが、一度現在の家庭用脱毛器を試してみると良いでしょう。