おすすめ家庭用脱毛器の選び方

カミソリ、毛抜き、除毛クリームなどでの脱毛は手軽ですが、肌の負担が大きいので繰り返し脱毛していると黒ずみやブツブツ、埋没毛ができてしまいます。

 

 

脱毛サロンの脱毛方法は肌の負担が少ないので肌トラブルが起きにくいですが、自己処理に比べると費用が高いです。

 

毛周期に合わせて脱毛するので一度の施術で脱毛は完了せず、何度か通い続ける必要があります。

 

2ヶ月に1回通うのが一般的なペースなので6回コースの場合は最短でも1年はかかります。

 

予約が取りにくい脱毛サロンの場合はもっと時間がかかります。忙しい方は通い続けるのが大変です。

 

 

脱毛サロンよりも費用が安く肌の負担が少ない脱毛方法が家庭用脱毛器を使用する方法です。
光脱毛の家庭用脱毛器は脱毛サロンと同じ仕組みで脱毛していて、肌の負担が少ないので黒ずみなどができにくくキレイな肌を維持しやすいです。

 

 

自宅で脱毛できるから脱毛サロンのように何度も通い続ける必要がありません。家庭用脱毛器にもいろいろあります。まず気をつけたいのが出力です。
出力が弱い家庭用脱毛器は脱毛効果が期待できず、あまり毛が抜けなかったりすぐに毛が生えてきてしまいます。

 

出力レベルを高く設定できる家庭用脱毛器を選びましょう。出力レベルが高い脱毛器は、何度か脱毛していると毛が生えにくくなることもあります。
肌が弱い方は脱毛して赤みが出たりヒリヒリすることがありませんか。

 

出力レベルを細かく設定できるものは、肌が弱い方でも使用できることがあります。
最低レベルに設定すれば肌への負担が少なく、脱毛による赤みやヒリヒリなどを予防できます。

 

連射するとさらに肌の負担を軽減できます。高出力設定すれば毛深い人でも満足できる効果を実感できます。本体価格だけでなく消耗品の値段も考慮しましょう。本体価格が安くてもカートリッジがすぐに消耗してしまうものは、頻繁にカートリッジを交換しなければならずコスパが悪いです。

 

消耗が激しいものは頻繁に購入したり交換するのが面倒になります。多少本体価格が高くても消耗しにくいものの方がコスパがよく長く使えます。

 

照射面積が広いと短時間で脱毛を終えることができます。腕や脚など広い面積を脱毛するときに便利です。

 

片ワキ1分もかからずに脱毛できるものもあります。あっという間に脱毛が完了するので、面倒なお手入れの時間を省けます。
照射口を交換できる家庭用脱毛器なら、指や顔など狭い範囲の脱毛もできます。全身脱毛を自宅で行えます。

 

◆安心安全家庭用脱毛器リアル体験はこちら

レイボーテプロとスピーディーどっちがおすすめ体験動画